第8回着物図案塾のテーマは「筆絵」

 

2022年1月9日(日)第8回着物図案塾を開催しました。
今回の課題は筆絵。講師として、着物・和装小物図案家の大島蓮先生が特別講師として参加し、各生徒さんに直接指導を行いました。
着物図案塾では、様々な着物関連の図案を習得するため、伝統的画法の要素を取り入れた、筆絵の使い方の授業も行います。
午前の授業では、明治期の水墨画を見本に、筆と墨での模写を行いました。
午後の授業では、大島講師の作品の模写に取り組みました。萩を配置した扇子を、墨の濃淡や筆での表現について練習をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA